130831〜0901 or DIE

 13/09/01(日)、お絵描き友人のまたよしさんの個展に行ってきた。
"せっかく上京するんだから"というもったいない精神が働いた結果、
週末に幕張メッセでキャラホビというイベントがあるという情報を捕捉。
東京に前日入りして、そちらにも足を運んできた。

週末は台風の影響が出そうでひやひやしていたが、
結果的に雨の心配どころか日差しが強くてひーひーいうような天気だった。
両日とも天気に恵まれて有難かった。


■13/08/31(土):キャラホビ
主目的は、イベント販売限定の"ねんどろいどぷち ミクダヨー"さんの入手。

JR京葉線に乗車中、
"オタクイベント行きの電車に乗ってるキャリー牽いてる女性は
コスプレイヤーと思ってしまう病"
の発作に襲われていたが、舞浜駅で全員降りていくのを見て
正気に戻ることができた。

開場10:00前に並ぶぐらいのつもりだったのに、
電車間違えたりなんだりで結局10:40に会場に到着。


イベント販売限定の"ねんどろいどぷち ミクダヨー"さん無事入手。
入場遅れたしミクダヨー購入列も結構長かったので
会場特典付きは無理かなーと諦めてたけど案外いけた。
ちなみに1時間列んだ。


同グッスマブースで先行販売の"ねんどろいどぷち初音ミクセレクション"
とミクダヨーさんパッケージの比較。
セルフパロディとしてもダヨーさん秀逸。

   
あとはひたすら会場内を散策。
・フィギュアやプラモといった多数の展示品を観て回る。
・ジオニックトヨタ シャア専用オーリス発表記念トークショーで
 池田秀一、古谷徹両氏を初めて生で観た。声優さんって凄い。
・ガンプラ組み立て教室に親子連れがたくさん並んでた。いい光景。
・ミニ四駆なつい。初めて買ったミニ四駆はたしかサンダーショットJr。
・ビグ・ザム豆腐。この日泊めてくれたキャーさんのお土産用に購入。
・山田卓司氏の戦車プラモ塗装実演を観た。話も面白かった。
・撮影用セット多数併設されてたのでコスプレイヤさんみんな楽しげだった。


イベント後はキャーさんと合流。
偶然ジョジョ電に乗って、池袋の蒙古タンメン中本へ。辛うま。
この日はキャーさん宅にて一泊。(キャーさん有難うございました。)


■13/09/01(日):またよし個展 システムキッチンぱんつ2013

千駄ヶ谷。
またよしさん キャーさん shihouさん のろさん 砂和さんと合流。
グッドモーニングカフェにてみんなでランチ。オシャンティ。
砂和さんにミックリマンチョコもろた。有難う。


ランチ後はいよいよまたよしさん個展へ。
こぢんまりとしたアットホームな空間に、
重厚にして軽やかなまたよしさんの絵が展示されている。
今回の物販は、立派な図録や、
またよしキャラ"うんくまちゃん"のぬいぐるみ(!)といった逸品も。


うんくまちゃんぬいぐるみ。うん○じゃないよ。
結構出来が良くて、思わず撫でまわしてしまうの。


個展の後は、ももぱんさんも合流して、新宿のお好み焼き屋へ。
みんなで食べるお好みともんじゃとビールは大変旨かった。

130825 or DIE

 友人方とお誘い合わせの上で映画"立候補"を観に名古屋まで足を運んだ
...のだが、
シネマスコーレまで行ってみたところ本日の上映スケジュールに奴の名が無い。
ありゃりゃ?となって調べ直してみたら、
上映表を見誤っていたことが発覚したのでありました。なんたる不覚。

といったわけで"立候補"を断念。
急遽"パシフィックリム"を観て来ました。
パシフィックリム、まさに問答無用という言葉がぴったりな
特撮的ロマンに溢るる内容で面白かった。

130813-14 or DIE

 コミケ2日間参加→焼肉→カラオケオールして解散した後。
更にshihouさん宅に連泊してました。

目的は、shihouさんが私に自作ヘッドホンアンプをくれるということで、
その制作過程を見学させて頂くこと。

しかしてshihouさんから頂いたヘッドホンアンプがこちら。



なんとプリティでキュアキュアでメタルハートな佇まい。



というわけでこれの制作風景を撮らせて貰いました。
13日午後。基盤制作開始。はんだ付け作業が中心。

 
自作キットの部品を一部上位品に換装しながらのはんだ作業。


"あのnichicon"。オーディオ用電解コンデンサ。kz。


基盤完成。
ずぶの素人の私に丁寧な説明をしながらの作業だった為、作業時間は3時間程。
普段だったら30分ぐらいで出来ちゃうらしい。
こういう基盤ってほんとに人間が作れるんだなー
等と当たり前の事実に感心したりしていたわたくし。


翌14日午前。
ヘッドホンアンプ用ケースをどうするか4秒塾考した結果、
プリキュアプリティストア限定販売のドロップ缶を求めて東京駅へ。

ついでにその他資材を買いに秋葉原電気街へ。


あきばでは、普段自分が入ることのない電子部品屋を回ったりしていたが、
音響用ケーブルや、壁一面のコンデンサ群を見て興奮するshihouさんを見て
知らない世界を堪能出来た気がした。
メッカ秋月電子はお盆休みで見事に閉まっていた。残念無念。


15:00頃、shihou邸に戻り作業再開。


スイートなマーブルキャンディを取り除き


ドリルで穴を穿つ!(ステップドリル。通称:たけのこドリル)


繊細にして大胆に穴を開け終わったハート缶。


続いて スイッチ、コネクタ類、基盤を設置。
こんな思いつきチョイスのケースにも関わらず、
ぎりぎりのスペースに的確に基盤を詰めていくshihouさんの凄さ。
この光景を見て、
"サイバネ医師が手術をしてるみたいだなぁ"と思っていたわたくし。


かくてヘッドホンアンプ完成せり。
kawaiiとikatsuiの絶妙なバランスがたまらない一品に。


コード類を装着したところ。良い塩梅。
こんなナリでもしっかりした音が出るのである。

ヘッドホンアンプを作ってくれるというだけでも有難いのに、
こんな思いつきの無茶ぶりをやり遂げてくれた
shihouさんの技術力には本当に脱帽するばかり。

shihouさん本当に有難うございました。

130726 or DIE

 pixivにお仕事絵を貼り。




----

 進撃の巨人をアニメで観ているのだけど、
第15話はハンジ分隊長がいっぱい出てきて大変おいしゅうございました。

観始めた頃に
"進撃の巨人にハンジってキャラが出るらしいよ"
と聞かされた時は、
どうせすぐ巨人に食われるモブに違いないと思ってたけど、
いやー、良いキャラしてるなー。好きだわ。

----

 先週から"艦これ"というブラウザゲームにちょいと手を出している。
艦娘のデザインが面白くて好き。

130717 or DIE

 チャタリング症状を起こしていたマウスの交換品が届いた。
LogicoolのG700を使っていたんだけど後継のG700sとの交換に。
サポートに電話したのが07/10なので、8日間での交換対応ということに。
3年保証期間内だったのでおそらく無償交換。なんと有難いことか。

G700はクリエイティヴ仕様を謳ってたけど、G700sはゲーミング推しに移ったのね。

G700s、形状も使い勝手もG700と変わらずなので良い具合。
違いと言えば、ちょっとださいペイントが施されるようになってるけど、
マウスを見ながら作業することはないので別に気にしない。




----

最近買った音盤。

[Metal]
MÅNEGARM / Legions Of The North [8th]
 相変わらずどころか先祖返りした感があるぐらい
 いつものヴァイキングメタル。素敵。

HIBRIA / Silent Revenge [4th]
若干落ち着いた感が無きにしも非ずだけど、相変わらずエネルギッシュ。
 特にVoはほんと良い声してる。坊主メタル界もまだまだ安泰。

DARKANE/ The Sinister Supremacy [6th]
極めてテクニカル且つ扇情的、縦横無尽なデスラッシュ。
 ピーター・ウィルドアーのDsはほんと気持ちいい。

DARK MOOR / Ars Musica [9th SCD仕様 2枚組]
 叙情性据え置きながら脱メロスピ・正統派路線を一層押し進めた印象。
 QUEENの聴き心地に近づいたというか。
 メロスパー的には寂しい気もするけどこの路線結構好き。

AMON AMARTH / Deceiver Of The Gods [9th 3枚組]
 ド硬派メロディック・デスメタル側から放たれるヴァイキング叙事詩。
 いつも通り。他に言うことは無い。満足。

[Anime]
LINKED HORIZON / 自由への進撃 [マキシシングル 初回盤 アニメイト特典付]
 リンホラ名義でもいつも通りのRevo節。3曲で一絵巻。
 後期OP曲の"自由の翼"もすこぶるシンフォメタルしててたまらん。
 歌詞表記が鬼畜で歌詞把握大変なところはいつも通りというかいつも以上。

ドキドキ!プリキュア ボーカルアルバム1 Jump up,GIRLS!
 早速キュアエースも参加。
 3幹部やレジーナ様を差し置いてジコチューの歌が入ってて意表を突かれる。
 私の中の吉田仁美無双感が一層強固に。"プリキュアTyphooooon!"良い。
 キュアロゼッタの曲"CLOVER〜オトメの祈り〜"から
 もの凄い昭和アイドル歌謡テイストが滲み出ておる。

[Pops]
REMINISCENT SONG / Fantasia [1st Japan Edition]
 SOUND HORIZONや高梨康治アニメ劇伴作品に参加中のREMI嬢と
 バイオリニスト SONGiLのユニット。
 REMI嬢の声楽的歌声を全面に生かした楽曲群。