120830 or DIE

 改めまして夏コミお疲れ様でしたということで、

夏コミ新刊"ボカロの為のヘヴィメタルファッションガイド"、
アリスブックスさんで通販委託中です。ご興味のある方は是非。
>>http://alice-books.com/item/show/150-2

120821〜22 or DIE

 あらたん会 in GIFU。

 夏コミ参加を含めた観光の為に
3週間程日本に滞在中のVL君(ポルトガル在住。愛称:あらたん)が
なんと岐阜にも立ち寄るぞということで、でりさん と私で あらたん を迎撃。
1泊2日の岐阜観光に行ってきました。

 まずは、名古屋駅新幹線口での待ち合わせミッション。
はたして、顔も声も知らないポルトガル人さんとの待ち合わせは
うまくいくのか?と危惧したものの、思いのほかスムーズに合流成功。
あらたん日本語独学と聞いてたけど うまくてびっくり。
その後あらたんを連れて、車で待機中のでりさんとも無事合流し、
でりカーにてGIFUへ向けて出発。



行きがけに寄ったコンビニで買ったでりさんそっくり人形。
いたく気に入ったあらたん、
以降 行く先々でこの人形の写真を撮りまくってた。

当初は私が運転手役を務める予定だったが風邪の為チェンジ。
でりさん、運転は上手でした。
出発から30分の時点で2度 道を間違えていたがな。

東海北陸自動車道をひた走り、最初の目的地、郡上八幡に到着。
郡上八幡でも1度ロストウェイ。



郡上八幡では街を散策しつつ、
食品サンプルの店に寄ったり、
ゴジラとモスラのフライを見つけたり、
川で涼んだり。
3人でソフトクリーム食べながらゴーヤの話したり。



手作り下駄のお店で、あらたんがお土産用に下駄を選んだりした。
真剣にどの下駄にするか悩んでるあらたんの図はとても絵になった。

郡上八幡を出たあとは、
飛騨高山の高山パークシティホテルに18:00チェックインすべく移動。
ここで 最寄りICを通り過ぎるトラブル発生。
翌日行くことになる白川郷ICまで行って戻ってくるというプレイを堪能、
チェックイン時間を1.5時間オーバーしてようやくお宿に到着。



乾杯! そして肉。飛騨牛すき焼き! んまかった。
あらたんの箸使いのうまさにちょっと驚いたり。
食後は共同浴場であらたんとひとっ風呂。
あらたん「ポルトガルと全然違うっ」
大まかな入り方をレクチャーしつつ、しばし湯船で語らったり。
あらたん 浴衣も初体験。



就寝前に小1時間、3人でトランプに興じたり。
日本の"大富豪"、ポルトガルでは"けつのあな"らしい。



翌朝。
朝食の豪華さに大喜び。飛騨牛の朴葉みそ焼がんまい。
でりさんがあらたんに、TKG(卵かけご飯)を伝授。
ジャパニーズ・ソウル・フード。
あらたんはTKGを"高木さん"の略だと思ってたらしい。



チェックアウトの時間まで、あらたんのスケブにお絵描き。
チェックアウト時間が迫るも準備が終わらないあらたん。
「ポルトガルは五分前に本気出す」
「ポルトガルは一番遅い時計に合わせる」(アランシア語録より)

料理はおいしいし、居心地の良いお宿だった。
みつけて来てくれた でりさん偉い。



チェックアウト後は、高山の陣屋朝市をぶらつく。
朝市散策後は、白川郷へGO。(審議不要)



でりさんが温泉に浸かりに行ってる間、
あらたんと私はひたすら村を散策、写真を撮りまくる。
日本の生き物に片っ端からカメラを向けるあらたん。
そのあらたんを撮る飯時。
ロケーション最高だった。
日頃太陽浴びてなさ過ぎたせいで肌真っ赤っかになった。



興味本意で買った白川茶イダーを飲んで、若干の後悔をするなど。
普通の白川茶はおいしかった。

白川郷散策を終え、いよいよ名古屋駅への帰路ドライヴ。
あっという間の二日間だった。
名残惜しかったけど、これが最後な訳じゃない、
また近い将来会おうってことで握手をして
新幹線改札口をくぐるあらたんを見送ったのであった。

120814 or DIE

 親戚が訪ねてくるぞ、ということで
今日は一日おもてなしの日でした。

やな で鮎料理。

  

すぐ近くの廃線を ほんのちょっぴり散策。

  

このやなには小さい頃から、概ねシーズンに一度通ってるんだけど、
この廃線をちゃんと見たのは今回が初めて。
こんないいもんが近くにあったのに今まで見てなかったとは。
もったいないぞ自分。

120810〜13 or DIE

 C82に参加した皆さん、お疲れ様でした。

 今年は曇り気味な天候の中の開催で、
開幕前は"いつもよりラクかも(暑さ的な意味で)"
と思ったものの、いざ始まってみれば例年通りの過酷さ。
例によって凄まじいヒトの熱気でした。
そんな中、うちのスペースを訪ねて下さった方々、
本当に有難うございました。



 新刊、こんなニッチな本そんなに出ないだろうと踏んでたんですが、
目標より多くのヒトに手にとって頂けて、ほんと嬉しかったです。
ボカロとメタルが好きだというインドネシアの方に反応して貰えたり、
友人知人にお使いを頼んでまで買って頂けた方もいたりして、
なんというかもう作者冥利に尽きるというものです。有難い。

 ちなみに、少部数残した分を通販に回せないか検討中ですが、
まだどうなるか分からないので、見通しがついたらまた報告します。


----
C82戦利品:プラスチック編


C82戦利品:紙編


・先回のボーマス帰りに夜行バス乗り場で知り合ったコスプレイヤーさん、
 今回も夜行バス乗り場でばったり遭遇。
 バスに乗る前からお互いの頒布物の交換会勃発。
・後に そのレイヤーさんのチケット手配ミス(日付を間違えてた)で
 夜行バスに乗れなかったことを知り、衝撃が走る。
 (自家用車で高速走って東京入りして事なきを得たよう。タフすぎる。)
・コミケ2日目アフターは、くろくぅさん中心の飲み会に混ぜて貰い、
 おっさんトーク、死語トークが盛大に花咲いた。
・コミケ3日目アフターは、近しいお絵描き仲里気鹵と牛角とカラオケ。
・焼肉は各人の性格が如実に反映されて面白い。
・カラオケは、コミケの打ち上げぐらいでしかいかないので楽しみだった。
・マイリスダメー!、コロナ、はやぶさetc、
 歌ったことないボカロ曲歌ったりしてた。ボカロ曲はとてもむずい。
・コミケ旅程中に飲んだストッパの数:5錠
・コミケ会場で
 凄まじいヒトビトの膨大な熱量に触れてキャパオーヴァーになったあとに、
 おうちに帰り着いて独りの時間
 手に入れた頒布物達から物言わぬ刺激を受け取るのが、
 何度コミケ参加しても貴重で代え難い 新鮮な経験。

120809 or DIE

やあ、友よ。
もういくつ寝ると コミックマーケット82。
今週末はいよいよ、日本で最もヘヴィな同人イベント:夏コミ開催である。

というわけで、印刷も無事間にあったので、改めまして新刊出ます。


『ボカロの為のヘヴィメタルファッションガイド』
B5カラー16P。イベント頒布価格500円。
描き下ろし6枚+雑文のみ、という潔い(薄い)ニッチ本です。
ちなみに初個人誌。

2日目[08/11()] 西2 か-33a "HMヴァーシズ6.9" にてお待ちしております。
3日目[08/12()] 西2 い-20a "YAKI・ONIGIRI" さんでも委託させて貰います。
(私も売り子で手伝いに入る予定です)

サンプル




----
[7:30追記]

hazyPが勝手に宣伝動画作ってくれたw
あいかわらず何考えてるんだこのヒトは!w有難い!